第43回相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会参加

2021年7月25日 相模湖交流センターにて開催された第43回相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会が開催されました。
神奈川県在日韓国人同胞を代表して、民団神奈川県本部 李順載団長・朴昌泳副団長(横浜支部団長兼)・金竜也副団長(南武支部団長兼)・金昌奎川崎支部団長・金正秀相模原支団長ほか、公館より駐横浜大韓民国総領事館 金成連複総領事を含む多くの関係各役員にご参加いただきました。
会場は昨年に引き続きコロナウィルス感染拡大に伴い献花のみの追悼会となりました。

また、現地では本村健太郎相模原市長の訪問に合わせ民団各役員とあいさつを交わしました。本村市長は「人権条例制定に対し、早期に実現できるよう全力で取り組んでいる」と条例制定に向け意欲的に動いているとのコメントがありました。

私たち民団も相模原市における人権条例の早期制定に向け、様々な形で連携を取りこれまで以上の活動を展開する必要性を参加者全員で確認をいたしました。

第43回相模湖・ダム建設殉職者合同追悼会参加