第83回韓国語能力試験(TOPIK)の試験監督官募集


2022年7月10日に行われる第83回韓国語能力試験(TOPIK)の試験監督官を募集いたします。


 韓国語能力試験またはTOPIK(Test of Proficiency in Korean)は、韓国教育部が主管機関となり、日本で毎年3回実施されている韓国語能力試験です。

 韓国民団神奈川県地方本部は神奈川第2試験場の運営主管となり、これに応じた試験監督官を募集いたします。

 受験生の方々のほとんどが日本国籍であり、試験進行が日本語で行われるので、基本的に日本語のコミュニケーションに問題ない方々を対象しております。


 詳細に関しては下の募集要綱をご参照ください。


監督官募集要綱
.pdf
Download PDF • 144KB
試験監督官の申請書
.xls
Download XLS • 46KB

申請についてはオンライン申請でも可能です。下のQRコードを読み込んでください。


最新記事

すべて表示

第83回韓国語能力試験の監督官募集につきまして、応募者多数のため締め切りとさせていただきます。 6/30日を締め切り日としておりましたところ、急なお知らせとなり大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 <TOPIK 神奈川第2試験場 事務局>

民団では毎年、在日韓国人の学生を対象とした奨学金制度をご案内しております。今回は公益財団法人韓国教育財団の主催にて実施される2022年度奨学生募集案内を下記の通りお知らせをいたします。 今年度からは申請者の個人情報保護の為、申請方法が変わりましたので、ご留意下さい。 募集時期:5月16月(月)〜6月30日(木) 応募資格:①韓国籍かつ日本の永住権を持ち、日本国内の高校・大学・ 大学院に在学する満3