​むぐんふぁかながわとは

民団神奈川では、結成以来、民生安定活動の一環として、団員の皆さまの冠婚葬祭や、各種生活相談に対応してまいりました。しかし、県下の在日同胞社会をリードして来られた一世から二世・三世へと世代交代が進むとともに、同胞間の民族的な絆や、連帯感が希薄になってきたことは否めません。そうした民族的コミュニティの再構築に向けて、生活に密着した民族色豊かな冠婚葬祭における情報提供やサポートを体系化し、多くの同胞の皆さまにお役立てるサービスを供与しようと、1998年に「むぐんふぁ事業」がスタートしました。
この事業は、地域ごとに一世の経験や体験をもとに行われてきた伝統的な冠婚葬祭を、韓国民団が手助けし、体系づけ整備したものです。このシステムは、同胞同士の民族的絆や連帯を強化するため、一定の役割を担っております。

具体的には

  1. 人生の締めくくりであるご葬儀を、民族的な雰囲気で施行できるよう、県下全域でのサポート体制を拡充。

  2. 各分野(法律・結婚・行政・税務)の専門家と提携しての円滑、かつ合理的な団員相談に対応する各種相談業務を実施。

  3. 韓国不動産関連各種証明書の発給及び、韓国不動産の売買・管理・相続などのコンサルティング業務

むぐんふぁではこのような各種「団員サービス」に努めて参りました。
そして実際の生活に密着した「団員サービス」の提供は、多くの団員の皆さまに好評を博して参りました。

2007年度からは、「韓国内不動産関連事業」等を新たなアイテムとして開発し、さらなるむぐんふぁ事業の拡充を図るため鋭意努力しております。つきましては、これまで同様、むぐんふぁ事業に関心をもっていただき、県下同胞への便益供与に少しでもお役に立てるよう、むぐんふぁ事業のご活用をお願い申し上げる次第でございます。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

業務時間 平日 月~金  AM9:00~PM5:30 

🄫2019 by かながわ民団